九州福岡県フットサルリーグ1部クラブアトレティコフクオカーナオフィシャルホームページ

福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
 › C.A.Fukuocana オフィシャルブログ › 2011年10月09日

  

Posted by at

2011年10月09日

全日本フットサル選手権・福岡予選リーグおよび準々決勝について



10/1(土)~10/2(日)に開催された第17回全日本フットサル選手権 福岡予選 グループリーグについてご報告します。

1日は県リーグ2部時代からこの大会では縁のあるリキンダルと対戦し1-0(前半1-0、得点者:No.6後藤)で勝利しました。

2日は3部のSOY、今年から2部のスプラージとの対戦が行われました。
SOYとの対戦は7-1で勝利(前半3-1、得点者:No.19楠本3、No.11緒方2、No.12久松、No.4今泉)しました。

ここまでは通常のリーグ戦より狭いコート、ランニングタイム20分ハーフという試合形式に不慣れながらも、少ないチャンスをゴールに結びつけ、その1点を守りきったリキンダル戦、若手を中心に攻撃力を活かしたSOY戦と悪くない状態で試合を進めることができました。

しかしグループリーグ最終戦のスプラージ戦で波乱が起きました。
この試合でフクオカーナは前半攻めながらも、ゴレイロの素早いフィードからのカウンターで1点を先制されると、後半すぐに同点に追いついたものの、残り時間2分の時間帯で同じようにカウンターから決勝点を決められ、1-2(前半0-1、得点者:No.11緒方)で敗戦を喫してしまいました。

しかしながら大会規定により、グループリーグ2位同士で最も成績優秀なチーム、いわゆるワイルドカード枠で本戦に出場することができました。
敗戦の悔しさを忘れることなく、むしろ敗戦を糧として自分たちの出来なかったこと、やれることを見つめなおして、次の試合に臨むことができることを前向きに捉えていこうと思っています。


なお、本戦の準々決勝は10/9(日)にクロスパルこがにて16:00よりキックオフとなります。
対戦相手は九州リーグ1部に所属するブラッカブロッコ、昨年も選手権で対戦した因縁の相手です。
連休中でお忙しい方が多いと思いますが、ぜひ選手たちに熱い声援をよろしくお願いいたします。  

Posted by C.A.Fukuocana at 02:32Comments(0)オフィシャルより