九州福岡県フットサルリーグ1部クラブアトレティコフクオカーナオフィシャルホームページ

福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ

  

Posted by at

2009年08月21日

第5節 F.C.Rabona戦







8/16(日)に開催された第5節F.C.Rabonaとの対戦は猛暑の中での試合となりました。
今回は『走り負けない』ことをテーマに試合に入り、この日キャプテンを務めたNo.6後藤が早い時間帯にゴールを挙げましたが、前半途中の守備の乱れから短い時間に連続してゴールを奪われると、さらにファウルの累積で第2PKを与えてしまいます。
このPKは失敗してくれたものの、前半で3-4と逆転される展開となりました。

ハーフタイムには前半の修正を指示すると共に、今シーズンはスタメンでゴールを守り続けたNo.21ナオキから前節残り5分間でデビューしたNo.25修平をゴレイロのポジションに入れました。
後半開始直後に、今シーズンは徹底マークに苦しむNo.12健人が放ったシュートをNo.19太陽がゴール前でコースを変えてゴールを奪って流れをフクオカーナに引き寄せました。

結局この日は後藤と太陽の2人がハットトリックを達成し、Rabonaのオウンゴールと合わせ7点を挙げましたが、守備面でも修平が何度か訪れた決定的なピンチを前に出て防ぎ、No.2大輔とNo.8峰は目立たないながらも守備面で相手の攻撃の芽を摘んでくれました。前半はファウルの目立ったNo.5ユタカも後半は高い位置で体を張った守りを見せるなどうまく修正できていました。

前回の記事で注目の選手とされたNo.4タケシはゴールこそないものの、攻撃の起点として他の選手をうまく使うパスを出していました。そして新人選手としてはNo.7緒方より目立たない存在だったNo.15ライタも、この日はこれまでの試合で最も長い時間プレーして惜しいシュートを放つと共に、長身を活かして相手ゴール前でボールキープするなど持ち味をだせていたようです。

7-4と点の取り合いを制した我らフクオカーナですが、チームでの目標としている無失点での勝利はいまだ達成できていません。
自陣で守りを固めて無失点でしのぐというスタイルは現在のチームでは難しく、前線からガツガツ守ること、素早く攻守を切り替えることを徹底して攻守両面の強さを追求していきたいと思います。

そして、お盆休みであるにも関わらず、朝一番の試合に駆けつけてくれたファン・サポーターの皆さまと選手のご家族に改めて感謝いたします。
蒸し暑く、飲料水用の氷もすぐに溶けてしまうようなコンディションの中で、最後まで選手が走りぬけたのは皆さまの声援あってのことだと実感いたしました。
これからもよろしくお願いいたします!
  

Posted by C.A.Fukuocana at 01:50Comments(0)オフィシャルより

2009年08月14日

フットサル福岡県リーグ1部 第5節




8月16日(日)にフットサル福岡県リーグ1部第5節が開催されます。
会場は前節と同じく、かすやドームです。
我らがフクオカーナは午前10時キックオフの第1試合に出場となります。

注目の対戦相手はF.C.Rabona。メンバーの大半が大学生で、個の力よりも、運動量と組織力で勝負するチームです。前節は強豪ヒロカーズに勝利しており、勢いに乗せてしまうと危険なチームです。

Rabonaはフクオカーナと同じ年に1部リーグに昇格したチームです。2部リーグ時代には直接対決で勝ったものの、昇格時は上の順位に立たれました。
今回は真夏の試合となりますので、油断せずに前回来られなかった多くのサポーターを熱くさせる試合をしたいと思います。

当日はお盆休み最後の日曜日となりますが、ぜひかすやドームにお越しいただき熱い声援をよろしくお願いします!
なお当日はスリッパまたは室内シューズをご持参ください。


今節の注目選手は前節ゴールにアシストに活躍したNo.4タケシ。普段は静かで闘志を表に見せるタイプではありませんが、見に来てくれたサポーターや観客への感謝の気持ちを常に忘れない選手です。  

Posted by C.A.Fukuocana at 13:32Comments(0)オフィシャルより

2009年08月11日

第4節 vs Tocky's戦 選手コメント

7月26日(日) 第4節 vs Tocky's戦
No.6 後藤選手の試合を振り返ってのコメントが届きました。

試合の入りからみんな集中して入れていたので良かった。
チームとしてもいい形で点を取ることができたし、試合の中でも選手同士の会話が増え、いい方向に向かっていると思いました。
しかし0点で終わらなくてはいけない試合を自分のミスで失点してしまった所は反省しなくてはいけない部分だと思います。

またボールがないところでの動き出しや、ボールを出した後の動き出しが増えればもっと余裕を持ってボールを支配することができた試合だったと思いました。

チームもいい状態で来ているし、個人としてももっと点を取れるように時次節のF.C.Rabona戦へ向けて頑張りたいと思います。  

Posted by C.A.Fukuocana at 00:36Comments(0)選手

2009年08月06日

遅くなりました!

先日開催された第4節Tocky's戦についてのご報告が遅くなりまして申し訳ございません。

当日は福岡県全体を襲った集中豪雨により、一時は会場である『かすやドーム』が緊急避難場所に指定されるニュース速報もありました。
それでも何とか開催となりましたが、午前中の他チームの試合では湿気による影響なのか、足を滑らせたり転倒する選手が出るなどコートのコンディションは悪かったようです。
しかし、午後になると雨も若干少なくなると、滑りにくくなってきたようでした。

前回のブログでも書きましたがTocky'sには一度も勝っていないフクオカーナですが、試合前のミーティングでも相手のロングボールへの警戒と、守りを固めた相手に対して安易にボールを奪われないことを意識して試合を進めていこうということを確認しました。
また、この日は普段熱い声援を送って会場をホームスタジアムに変えてくれるサポーターの大部分が来られないということもありましたが(それでも会場のあちこちには悪天候の中、駆けつけてくれたサポーターがいらっしゃいました。心から感謝いたします)サポーターに勝利報告をしようという気持ちを持って試合に臨みました。

前半はお互いゴールを奪えない時間が続きましたが、No.4タケシのゴールが決まり、さらに惜しくもゴールと認められなかったNo.2健人の残り時間0秒での終了間際のシュートなど、徐々に試合の主導権を握ると、後半はさらにタケシ、No.6後藤、No.19太陽もゴールを奪い、ダメ押しとばかりにNo.5ユタカとのコンビでNo.2ダイが鮮やかな5点目を決めました。

このとき、喜びすぎてライン内に入ってしまいイエローをもらった選手がいましたが、確か昨年もこれやりませんでしたっけ・・・。

結局Tocky'sの反撃を1点に抑え5-1で勝利しましたが、無失点で勝利するという目標が達成できなかったこともあり喜んでばかりいられないことを痛感させられました。
ただし、この日は今までやられてきたロングボールにユタカやNo.10キリが競り勝ち、何度か訪れたゴール前のピンチをゴレイロのNo.21ナオキとこの日がデビューとなったNo.25修平が体を張って止めるなど、攻撃面が注目されがちなフクオカーナにとっていい収穫もあったと思います。

また、その攻撃では『今日はタケさんの日でした』と見事なお膳立てからこの日も1点取った太陽が言うように、攻撃の起点となるだけではなく、2ゴールを奪ったタケシの活躍が目立ちました。
もっとも当の本人は『豪雨のせいで週末は仕事に出られず、そのせいで日曜は本来の動きができただけで・・・』と語るに留まりました。

先日の選手会でもコミュニケーションをもっともっと積極的に取っていこうとさまざまな選手から声があがったように、試合中でも練習中でも話し合う姿が若手選手も含めて見られるようになって来ました。
また出場時間の短かった選手や途中交代した選手も、試合後には監督とみっちり話をするなど、問題を先送りせずにその場で解決しようという意識が強くなっていることを感じました。

今回はベテランというには失礼ですが、年長の選手たちが結果を出してくれました、次節8/16に同じくかすやドームで開催される第5節では、またひと味違うフクオカーナをお見せできると思います。  

Posted by C.A.Fukuocana at 04:17Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより