九州福岡県フットサルリーグ1部クラブアトレティコフクオカーナオフィシャルホームページ

福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
福岡県1部フットサルリーグCAフクオカーナ
 › C.A.Fukuocana オフィシャルブログ › Noriovic/ノリオヴィッチより

  

Posted by at

2009年10月20日

第7節 NG LaBanda戦

10/18(日)に大川市民体育館にて開催された県リーグ1部第7節の報告です。

この日1stセットとして登場したのはゴレイロNo.25修平を除くと、No.6後藤、No.12健人、No.15ライタ、No.18タクといずれも20~22歳のフレッシュな顔ぶれでした。
序盤は押し気味に試合を進めるものの、今節の対戦相手NG LaBandaはとても下位に低迷しているとは思えない球際の粘りや縦への速い展開でゴール前まで迫ります。

試合を動かしたのは若い選手ではなく、途中交代で入ったNo.5ユタカのポストプレーと、そこにボールを出して左足を一閃したNo.4タケシでした。
前半は1点返されたものの、ゴールからかなり遠い位置からライタの豪快なFKがゴール上隅に突き刺さり2-1で前半を折り返します。

前後半と安定したセービングと果敢な飛び出しで、文字通りゴール前の小さな巨人となった修平を軸に安定した守りを見せるフクオカーナは、これまで無得点だった健人がついにゴール、さらに交代を命じられた最後のプレーでもう1ゴール奪います。ベンチ前で喜びすぎて監督から怒鳴られたのは、ここだけの話。
さらにどんな試合でもコンスタントに点を奪うタクもゴールを決めて5-1とリードを広げます。

しかし、残り時間でファウルの累積から第2PKを決められ、残り数秒というところで自陣前でマークをずらして3点目を奪われたところで試合終了となりました。
試合後はサポーターへの挨拶をすませたところで汗も拭かずに緊急ミーティングをおこない、それぞれ意見を出し合いながら、普段の練習でより厳しくいこう、より細部のミスを追及していこうと意見を出しました。

今回対戦相手となったNG LaBandaにはかつてフクオカーナで一緒だった中山、井口両選手もなかなかイヤな相手になって戻ってきていましたが、試合終了後はわざわざ挨拶に来てくれました。

またアビスパの試合があるにも関わらず熊本から急ぎで駆けつけてくれたサポーター(約1名除く)たちからもフクオカーナの選手だけでなく、かつての選手たちにも変わらぬ声をかけてくれました。

本当にありがとうございます。  

Posted by C.A.Fukuocana at 20:24Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年08月06日

遅くなりました!

先日開催された第4節Tocky's戦についてのご報告が遅くなりまして申し訳ございません。

当日は福岡県全体を襲った集中豪雨により、一時は会場である『かすやドーム』が緊急避難場所に指定されるニュース速報もありました。
それでも何とか開催となりましたが、午前中の他チームの試合では湿気による影響なのか、足を滑らせたり転倒する選手が出るなどコートのコンディションは悪かったようです。
しかし、午後になると雨も若干少なくなると、滑りにくくなってきたようでした。

前回のブログでも書きましたがTocky'sには一度も勝っていないフクオカーナですが、試合前のミーティングでも相手のロングボールへの警戒と、守りを固めた相手に対して安易にボールを奪われないことを意識して試合を進めていこうということを確認しました。
また、この日は普段熱い声援を送って会場をホームスタジアムに変えてくれるサポーターの大部分が来られないということもありましたが(それでも会場のあちこちには悪天候の中、駆けつけてくれたサポーターがいらっしゃいました。心から感謝いたします)サポーターに勝利報告をしようという気持ちを持って試合に臨みました。

前半はお互いゴールを奪えない時間が続きましたが、No.4タケシのゴールが決まり、さらに惜しくもゴールと認められなかったNo.2健人の残り時間0秒での終了間際のシュートなど、徐々に試合の主導権を握ると、後半はさらにタケシ、No.6後藤、No.19太陽もゴールを奪い、ダメ押しとばかりにNo.5ユタカとのコンビでNo.2ダイが鮮やかな5点目を決めました。

このとき、喜びすぎてライン内に入ってしまいイエローをもらった選手がいましたが、確か昨年もこれやりませんでしたっけ・・・。

結局Tocky'sの反撃を1点に抑え5-1で勝利しましたが、無失点で勝利するという目標が達成できなかったこともあり喜んでばかりいられないことを痛感させられました。
ただし、この日は今までやられてきたロングボールにユタカやNo.10キリが競り勝ち、何度か訪れたゴール前のピンチをゴレイロのNo.21ナオキとこの日がデビューとなったNo.25修平が体を張って止めるなど、攻撃面が注目されがちなフクオカーナにとっていい収穫もあったと思います。

また、その攻撃では『今日はタケさんの日でした』と見事なお膳立てからこの日も1点取った太陽が言うように、攻撃の起点となるだけではなく、2ゴールを奪ったタケシの活躍が目立ちました。
もっとも当の本人は『豪雨のせいで週末は仕事に出られず、そのせいで日曜は本来の動きができただけで・・・』と語るに留まりました。

先日の選手会でもコミュニケーションをもっともっと積極的に取っていこうとさまざまな選手から声があがったように、試合中でも練習中でも話し合う姿が若手選手も含めて見られるようになって来ました。
また出場時間の短かった選手や途中交代した選手も、試合後には監督とみっちり話をするなど、問題を先送りせずにその場で解決しようという意識が強くなっていることを感じました。

今回はベテランというには失礼ですが、年長の選手たちが結果を出してくれました、次節8/16に同じくかすやドームで開催される第5節では、またひと味違うフクオカーナをお見せできると思います。  

Posted by C.A.Fukuocana at 04:17Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年07月25日

フクオカーナ選手会決起集会







先日の20日にフクオカーナ選手会による決起集会がおこなわれました。
場所はスポンサーでもある『釣船茶屋ざうお』様の天神店。

当日はビーチサッカーの大会に出場して遅れる選手や迷子になって電話かけてくる選手もいたものの、ほとんどの選手が集まって普段のトレーニングや試合ではできない話を多くしていました。

本来なら店内で魚釣りもできるのですが、誰も席をはずすことなく熱心に語ったり、耳を傾けたりといわゆる飲みニケーションを満喫していたようです。


・・・中には語るだけでは飽き足らず、いきなり腕立てトレーニング始めるやつもいましたが(例によって本人の名誉のため名前は伏せます)、それだけ次の試合にかける情熱があるということでしょう、うんうん。

最後はオーナーや監督へ、ベテランも若手関係なく意見をぶつける時間を設けて、また改めて気持ちを一つにして昨年の悔しさをバネに九州リーグ昇格を誓ったのでした。
もちろん、目標を実現するためにはさまざまな乗り越えなければならない壁がありますが、この日のように集まれる時間はどんどん作っていきたいなと思いました。


ちなみに最後の画像は、座を盛り上げようと頑張ったのに、すべって逆ギレする仕事帰りの主務です。  

Posted by C.A.Fukuocana at 00:13Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年07月09日

ルーキーの緒方圭太郎選手がデビュー





先日のWIDE-AUTO戦の事前ミーティングでは、ちょっとした驚きの声が選手たちからあがりました。
フットサルでは1stセットと呼ばれるスタメン発表の中に新人のNo.7オガタの名前があったからです。

昨シーズンも新加入の選手が1stセットに選ばれることはあったものの、それは他チームでの実績のある選手や練習生としての帯同期間が長い選手だったからで、フットサル経験がわずか数ヶ月間のルーキーがいきなり1stセットで試合に出るというのは新興チームであるフクオカーナでも異例の出来事でした。

オガタ自身は一瞬驚きの表情を浮かべたものの、先輩たちの手荒い歓迎をかわすの精一杯で驚くどころではなかったようですが・・・。

今シーズンのルーキーであるオガタはNo.15ライタと同じくアビスパ福岡U-15出身で、その後は筑陽学園高校サッカー部という経歴の持ち主。独特のリズムのドリブルとFW出身だけあって反転からのシュートが持ち味です。
普段のトレーニングでもゴールへの意識が高く、一対一の局面では必ずといっていいほど強気に勝負を仕掛けます。

WIDE-AUTO戦でも何度もマークを引き離してシュートまで持って行く場面が見られましたが、残念ながら無得点に終わりました。
しかし、先日の前川コーチと鈴木選手のクリニックから動きの質を学び、日々のトレーニングでもタケシや太陽にフットサルでのディフェンスや体の運び方、個人技までマンツーマンで教えを乞うなど向上心が高いようです。

今のフクオカーナがさらにレベルアップするためには、オガタやライタといった若い選手がもっともっと成長することが必要不可欠です。その成長を目の当たりにして、さらに上の世代も切磋琢磨していく。
そんな光景が練習でも公式戦でも、これからはより多く見られるでしょう。

そんなオガタの唯一の不満は現在の背番号。筑陽高校のエースナンバー7番よりも、実はアビスパ時代から着けていた11番がお気に入りらしいです。今年目一杯活躍して、11番を奪取してください!  

Posted by C.A.Fukuocana at 02:06Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年07月02日

フクオカーナdeバトン オーナー山本圭吾氏



第9回は、山本 圭吾(代表)です。

1、名前は?
山本 圭吾


2、年齢は?
1973年生まれの35歳

3、ニックネームは?
ケーゴさん

4、マイブームは?
延長

5、特技は?
ピアノ

6、持っている資格は?
食品衛生責任者

7、オフの過ごし方は?
息子とお出掛け

8、好きな女性のタイプは?
女性らしくて、気が利く人

9、好きな女優は?
冨田リカ(モデル)

10、好きなテレビ番組は?
テレビ朝日 Get Sports TVタックル

11、尊敬する人は?
山本順一(父親)、菊川凱夫、ディエゴ・マラドーナ

12、座右の銘は?
日々謙虚、日々勉強、日々感謝

13、好きな食べ物は?
ラーメン、ふくやの明太子、イタリアン全般

14、嫌いな食べ物は?
エビ、カニ、貝類

15、自分を動物にたとえるなら?
AVISPA(蜂)

16、オススメの食べ物屋は?
寿司処いずみ田、お好み焼き【てぼ】、焼き鳥・浜小路、cafe nine

17、福岡の好きなデートコースは?
南公園

18、よく出没するところは?
グランビル

19、フットサルを始めたきっかけは?
七隈ファミリープラザのフットサルリーグ

20、仲の良いチームメイトは?
ノリオヴィッチ以外

21、チーム内のライバルは?
番長(サポーター)

22、好きなアーティストは?
LAVA

23、カラオケの十八番は?
15の夜(笑)

24、フクオカーナサポーターに一言
いつでもどこでも熱い応援本当にありがとうございます。
昨年は、最後に涙をのみましたが、今年は最後にサポーターの皆さんと笑顔で終われるように頑張ります。
サポーターの皆さんに「フクオカーナのサポーターで良かった」と思われるように、La Familiaのコンセプトを常に忘れずに素晴らしいクラブにしていくことを約束します。
今後とも、熱い応援宜しくお願い致します。

25、次のバトンを誰に?
新人の首藤来太君  

Posted by C.A.Fukuocana at 02:31Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年06月16日

第3節 WIDE-AUTO戦







第3節は北九州の小倉北体育館で開催されました。
対戦相手は昨年も苦しめられたWIDE-AUTO。事前に監督から対戦相手の特徴や主力選手のクセなどの情報を再度確認して試合に臨みました。
序盤はフクオカーナの前線からのプレスの隙をついた遠目からのシュートに対する寄せが甘く、開始5分で0-3というスコアで進みます。序盤で失点してしまうこと、シュートを狙う相手に寄せきれていないことという課題は、さらに突き詰めて改善する必要があります。
その後、相手のファウル累積で第2PKのチャンスが2回ありましたが、どちらもゴレイロに弾かれてしまい得点ならず。しかしタケシのゴールで1点を返し1-3で前半を折り返します。
後半は再度前線からのプレスでボールを奪いゴール前まで迫る回数が増え、普段は守備面で貢献する大輔のファインゴールや、相手ゴール前で体を張った峰のPK奪取、そして左サイドから何度もスピードに乗った突破でチャンスを量産した太陽の得点などで後半の終盤には7-5とリードしました。
しかし、百戦錬磨のWIDE-AUTOもパワープレーに切り替えて1点を奪うと、残り時間が30秒を切ったところで相手の放ったシュートが選手に当たりボールの軌道が変化してゴールに吸い込まれてしまいました。

結果は7-7の引き分けとなりました。

北九州まで駆けつけてくれたサポーターには感謝の気持ちと共にふがいない結果に申し訳ないとしか言えませんが、この日の課題を中心にトレーニングを積んで再度出直したいと思います。次節はサポーターと共に笑顔で試合終了のホイッスルを聞くことができるように精進します。

また、先月末より3日間に渡り指導してくれた前川コーチも、この日の試合結果を気にされていました。
前川コーチ、鈴木選手から教わったことの反復・徹底でシーズン終了後には良い報告ができるようにチーム一丸となって課題を克服していきます。  

Posted by C.A.Fukuocana at 13:40Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年06月13日

リーグ戦前の追い込み



木曜日は1時間だけという条件つきで練習をおこないました。

前川コーチが残してくれたボールを使ったアップメニューからスタートして、シュート練習、ゴレイロから始める2対1のゲーム、さらに3日間のトレーニングで重点的におこなった守備練習の反復(詳細は試合前ですので内緒です)をおこない、最後はセットプレーの確認までをこなしました。
今回の練習では気になるポイントではプレーを1回ずつ切りながら全員の共通理解を深めていく方法を取りました。
今年から入った若い選手たちにはかなり実になったと思います。

あとは練習で培ったものをどこまで出せるか。

選手たちの実力以上のものを引き出せるよう、サポーターの皆様の熱い声援をよろしくお願いいたします。

どんな場所でも応援に駆けつけてくれることのありがたみと、支援してくれている人たちの期待を決して裏切るわけにはいかないという強い気持ちを胸に、日曜日は北九州に向かいます。  

Posted by C.A.Fukuocana at 04:53Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年05月26日

よくある練習での光景



フクオカーナの練習はウォーミングアップを兼ねてミニゲームからスタートすることが多いです。
練習用のコーンやマーカーを使ってゴールを作り、2組に分かれて、ゴールを奪い合い、最後はなぜかVゴール形式で決めたもの勝ちのやたらテンションの高いゲームになっちゃいます。人数が足りないときはオーナーや俺も参戦しますが、負けるとコート往復ダッシュの罰ゲームが待っているとあっては自然と気合が入るものです。

この日は勝利を収めてホッとしてたら『ノリオさーん、ダッシュ、ダッシュ』と勝ったはずなのに負け組選手と一緒にダッシュする羽目に!
『一番遅いやつは、もう1セットね!』と言いながら必死で追いすがるわたしの進路をブロックする二番目に遅いK丈氏。
かくして、しなくてもいい往復ダッシュを2セットもこなしてしまいました。
さらに『おいノリオ、水ダッシュで!』と言うオーナーのリクエストで自販機まで水を買いに行くわたし。パシらされているように見えますが(いや、実際パシらされてるんですが)、月一回の割合で精算してもらっているのは内緒です。

ミニゲームが終わると監督が選手を集合させて前回の試合や練習の感想を伝え、本日のメニューや方向性を示しながら、パス練習がスタートします。その間ゴレイロは別メニューで次のシュート練習が始まるまで、しっかりと汗を流して備えます。

何パターンかのパス練習を終える時間になると、練習見学のサポーターの方々がやってきます。以前は見学のみでしたが、最近は運動しやすい格好でやって来て実際に周りを走ったり腹筋したりとトレーニングを組み合わせたり、ハーフコートが空いていると余ったボールでパス廻ししたりと、それぞれ楽しみながらフクオカーナの成長を見守ってくれています。

さて、時には画像のようにフォーメーションやセットプレーの説明でコートが空いていたり、選手が休憩中に給水していると、なんだかイヤな予感がしてきます。

オーナーが嬉しそうに第2ペナルティスポットあたりにボールをセットすると、『ノリオ集合!』と即席ゴレイロを呼びにかかります。
自分のブログじゃ内転筋痛めて80%の力でしかボール蹴れないなんて書いてますが、100%の力で蹴ったら身がもちません。

ちなみにこの日の即席ゴレイロは、オーナーの殺人シュートを足先ではじいた瞬間に、なんか曲がってはいけない方向に足が曲がるのを見てしまいましたが、あえて自分では気づかないようにしております。  

Posted by C.A.Fukuocana at 11:48Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年05月23日

いつもご支援ありがとうございます!



少し前の話になりますが、オーナーに同行してスポンサーしていただいている会社のひとつである福岡サンパレス ホテル&ホールの川原社長と会食しました。
お互いざっくばらんな話をしましょうということで、オーナーおすすめの博多の美味しい魚料理をいただきながら本当に色々な話をしました。

川原社長は昨年のフクオカーナのことなど、オーナーのブログをチェックして良くご存知でしたが、昨年県リーグで優勝できたことや惜しくも入れ替え戦で敗退したことなどから、フクオカーナがどのようなクラブであるのか、福岡という街にどのように貢献できるかということについても話しました。
そして、その場で改めて今シーズンの支援を約束していただけました。本当にありがとうございます。

もともと川原社長とは、まだレベルファイブスタジアムが博多の森陸上球技場とよばれていた頃のアビスパ福岡観戦が縁で知り合ったのですが、その時はまさかこんなことになるとは思わなかったなぁというのが正直な感想で、この日は数年前のようにアビスパの話や福岡の財界のお話、それから博多の街や河原社長やオーナーが毎年参加している博多祇園山笠の話など時間がどれくらい経ったのかも分からないくらいでした。

川原社長の話で身につまされたのは「山笠の先輩に集合かけられたら返事は『イエスかハイのどちらか』なんですよ」というトコロ。社長自身、東京に出張しててその日の夜に集合かけられて、あわてて夕方の飛行機で帰福したエピソードをお持ちで、なんだか他人の気がしませんでした。


それからサンパレスではアビスパの選手が試合前に食べているアスリート向けのメニューも出しているそうで、「ぜひウチの選手たちも試合前にそこで食事させたいですね」という話をしたところで、話は思わぬ展開に。

「そういえば、先日ホテルの前で『すごかろ?ここって俺のフットサルチームのスポンサーなんだぜ』って連れのコに話してる男の子が来てましたよ」

「え?」と思わずハモるオーナーとワタシ。

「あんまり嬉しそうに話してたから、思わず『あ、すいません私、社長です』って挨拶しそうになっちゃいました」とニコニコしながら語る川原社長。

「す、すみませんでしたぁ!」と思わず二人同時に頭を下げるのでした。

この選手が誰だったのかは内緒ですが、福岡サンパレス ホテル&ホールの皆さま、今後ともご支援よろしくお願い申し上げます!  

Posted by C.A.Fukuocana at 15:00Comments(0)Noriovic/ノリオヴィッチより

2009年05月12日

フクオカーナdeバトン


フクオカーナの選手たちをより皆さんに知っていただこうと思って、質問バトンを開始します。
設定した質問に答えていくことで、よりその選手の素顔に迫れるんじゃないかと思います。

どんな答えが出てくるか、どの選手にバトンが廻ってくるのかはお楽しみ。
ちなみにバトン止めちゃったら、罰として試合中のドリンクを水の代わりに豚骨スープにすり替えます。



記念すべき第一回目は言いだしっぺのワタシ、ノリオヴィッチからのスタートです。
あ、そこのあなた!がっかりした顔しないで!

1、名前は?
ノリオヴィッチです。

2、年齢は?
現時点で35歳。働き盛りですっ!

3、ニックネームは?
ノリオさん。
一応最年長者なので『さん』付けで呼ばれてます。てへ。

4、マイブームは?
日焼け

5、特技は?
カードでお買い物

6、持っている資格は?
普通自動車運転免許、フットサル4級審判
(実はJリーグの家本主審と同い年)

7、オフの過ごし方は?
サッカー観戦か読書、市内パトロール

8、好きな女性のタイプは?
ボケとツッコミのスキルが高くて笑顔の似合う人

9、好きな女優は?
釈由美子、麻生久美子、深津絵里

10、好きなテレビ番組は?
とんねるずのみなさんのおかげでした
(細かすぎて伝わらないモノマネ選手権)

11、尊敬する人は?
植木等

12、座右の銘は?
分かっちゃいるけどやめられねぇ

13、好きな食べ物は?
チキン南蛮

14、嫌いな食べ物は?
ちくわの磯辺揚げ

15、自分を動物にたとえるなら?
ハゲタカ

16、オススメの食べ物屋は?
博多区美野島の【牛もつ鍋おおいし】

17、福岡の好きなデートコースは?
雁の巣から海の中道をドライブなんてどうでしょう?

18、よく出没するところは?
レベルファイブスタジアム周辺

19、フットサルを始めたきっかけは?
アビスパ福岡のサポーター仲間に誘われて。
スポルバ新宮店がオープンしたときはマリーニョさんとエキシビジョンマッチしました。

20、仲の良いチームメイトは?
19番太陽かな。きっと太陽もここは俺の名前を書いてくれるはず。

21、チーム内のライバルは?
17番セリ。おいしいとこを持ってかれると軽くイラッときます。

22、好きなアーティストは?
PEZ

23、カラオケノ十八番は?
THE BOOMの「風になりたい」

24、フクオカーナサポーターに一言!
いつも応援いただき本当に感謝いたします。
選手、監督、コーチ、オーナーへの試合前のコールありがとうございます。
次回は忘れずにワタシの名前も入れていただければ・・・。

25、次のバトンを誰に?
前回のブログでネタにした21番ナオキにお願いします   

Posted by C.A.Fukuocana at 13:26Comments(2)Noriovic/ノリオヴィッチより